×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

脊柱管狭窄症 手術 成功率


脊柱管狭窄症〜手術の成功率より重要なこと〜


手術が成功しても再発したり痛みがなくならないケースもあるのです

脊柱間狭窄症の手術を医者からすすめられている人、手術するかどうかを検討中の方の多くは、その成功率がどれくらいなのかが気になるものです。しかしながら、実は、その手術の成功率よりももっと気にする必要がある部分があります。それは、そもそも手術で完治が可能かどうか、という点。手術は一般的に、完治のための治療と思われていることが多いですが、実はそうでもありません。何故なら、痛みや痺れの原因となる部分を切除し、成功。そしてその時は、その諸症状もなくなるでしょう。しかし、また再発すると言う場合が実は案外多いようです。

それは何故だと思いますか?それは、その疾患の根本的な原因を解決しているわけではないから。そのようにおっしゃるのは、福辻式腰痛治療法の開発者である福辻鋭記さん。現時点での症状は即座に改善されるかもしれません。しかしそもそも、そのようになったのは、何故なのか?その原因は、生活習慣にあると、福辻さんは言います。確かに、痛みや痺れを発症させる原因となったその部分を改善しないことには、結局はまた再発してしまうという理屈はとても理解できます。リスクが高く、再発の可能性も否めない手術をする前に、まずは福辻式を試して欲しいのだとか。

福辻式治療法